• トップページ
  • お知らせ
  • 東スポの「キャッチ・アイ」バッキー’sウエストサイズストーリー第98巻「その痛み、スマホ首が原因かも?」ストレートネックのセルフチェックに載せて頂きました

東スポの「キャッチ・アイ」バッキー’sウエストサイズストーリー第98巻「その痛み、スマホ首が原因かも?」ストレートネックのセルフチェックに載せて頂きました

2018/05/31

5/31発売の東スポのキャッツ・アイに連載してるパーソナルトレーナーのバッキーさんのウエストサイズストーリー98巻に載せて頂きました^_^

元々バッキーさんとは数年前から共通の知人を通して何回も会っていたのですが、今回ひょんな事から身体の話になり、諸々意気投合して飲みながら彼の連載している所にチョイネタで!!
というこになり次の日には深夜にプチ取材からトントントンと今回の流れに

最近スマホ首が話題になっているという事で…

文字数が限られてる為、大枠の中身は上部だけで、セルフメンテナンスまでは行けてませんが…

表参道の整体院のカリスマ整体師として東スポにコラム掲載

表参道の整体院のカリスマ整体師として東スポにコラム掲載

今回の記事を要約して補足しますと

パーソナルトレーナーのバッキーです。
健康&ウエスト回りにビビビとくる豆知識をお届けしているこのコーナー!
今回は「スマホ首にご用心!!」というネタです。
このスマホ首とは今風の表現でストレートネックの事です。
ストレートネックとは、首を前に出した姿勢を長年続けたことで、本来なら緩やかなS字カーブを描くはずの頚椎が真っ直ぐになってしまった状態。
補足
(元来、背骨は頚椎が前弯、胸椎が後弯、腰椎が前湾とS字カーブを描いているのが正常な状態で、諸々の衝撃を吸収して逃す役割をしています。)
そのせいで、耳鳴り、めまい、頭痛、自律神経失調症、頚椎ヘルニアなどさまざまな不調が出やすくなります。
補足
(先の症状の他にも慢性の肩こりや腰痛や内臓の機能低下などにも影響してくる事があります。)
ここで私のコメントで
「当サロンに来られる8割以上の患者さんがこうしたストレートネックの兆候があると感じでいます」
院と私の紹介
「理由はいくつか考えられます。そもそも日本人は農耕民族でおじぎの文化が深く根付いてるうえ、現代社会ではパソコンやスマートフォン、携帯電話をよく使うことで、どうしても首を前に出す前傾姿勢を取るようになり、ストレートネックの増加が助長されとも考えられます」
補足
(元々の遺伝子的要素がある上に現代の生活習慣から、ストレートネックになりやすい)
ストレートネックはレントゲン検査ですぐ分かりますが、簡単なセルフチェック法をレクチャーしますので試してみてください。
まず、壁を背にして「気をつけ」の姿勢を取ります。そのとき、後頭部、肩甲骨、お尻、かかとの4か所が自然と壁につけば頚椎は正常な状態。
もし、後頭部が壁につかなかったり、意識的に首を後ろに倒さないとつかない場合はストレートネックの可能性が高いです。
補足
(もし後頭部が壁についたとしても頚椎自体が後弯していると、それはストレートネックです)
今回はチェックの仕方だけしか載っていませんが、今後自分で出来るセルフケアの方法も載せて行けたらと思ってます。

バッキー・エム・ショーマ(増田匠真=マスダ・ショウマ)
東洋大学法学部卒。振付家、パーソナルトレーナー、フードアナリスト。
その他「エクササイズチャンネルTV」の番組DJや、会社経営など多方面で活躍中

バッキーコラボありがとうー!!

次回また色々コラボな事が出来て、健康に関するお話が出来たらと思ってます!!


診察時間

平日
AM11:00~PM9:00
[最終受付 PM8:00]
土曜
AM11:00~PM 7:00
[最終受付 PM6:30]
日曜・祝日 休診
※予約状況により土曜のみ不定休

[時間外・出張も承っております]

Calendar Loading

院休診日

院長休診日

不定休日(お問合わせ下さい)

所在地

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-12
エーデル青山2B

TEL:03-6426-5554

アメブロ

ページTOPへ